スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーズ第4話「疑いと写メと救いの手」感想

いやー、早くも幹部登場かー。
つっても顔見せ程度だけどさ。

今回の話は映司とアンクの関係を決定付ける回だね。
もっと言えばこれ以降の話を安定させる回というか。
そろそろ初期アイテム以外の販促も始まったかな?



いやしかし今回の話はなんだか短く感じたなぁ。
俺が短く感じる時は話の密度が薄いと感じた時か、
よっぽど面白く感じた時くらいなもんだけども。
まぁそれだけハマって見てるって事でいいでしょう。

「手が届くのに手を伸ばさなかったら死ぬほど後悔する。それが嫌だから手を伸ばすんだ。」

実に主人公らしい、いい台詞だと思う。
1話目からそうだったけど映司はホントに好感の持てる主人公だ。
最初からここまで成熟した主人公って珍しいんじゃないだろうか。
まぁ台詞の重みは映司の過去がどんな風に描かれるかで変わってくると思うけど。

その後の行動も被害者を助け、アンクに宣戦布告とも取れる共闘宣言。
なかなか芯が通ってるじゃないか。


そしてついにチーターメダルの登場。
でもカザリから奪ったメダルはトラとチーターのみ・・・。
ラトラーターが見れるのは当分先のようで。

次回予告ではVSメズール&ウヴァ。
いきなり幹部と連戦かよ。
まぁ彼らのかませ化フラグでないことを祈るばかり。


今日は短いけどこの辺で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KON

Author:KON
スパロボと仮面ライダーが大好きなヌルゲーマー。
社会人一年目にして絶滅タイム。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。