スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーズ第21話「バッタと親子と正義の味方」感想

悪いやつは絶対に許しちゃいけないんだ!

子供の言葉だけに胸に突き刺さるんだよなぁ。
皆分かっちゃいるんだけど。
今回はそんな話・・・かな?



正義を成すヤミーってのはなかなか面白い。
「悪いことをしていないやつを倒す必要はあるのか」って話。
まぁ実際やってんのはモロ暴行と傷害だけどね。


個人的に記憶に残ってるところを。
平成ライダーでは大体あるシーンなんだけど、
「助けられてもお礼を言わずに逃げる一般市民」ってのがある。
ライダーも怪人も一般人から見れば怪物に違いないわけで、
オーズでもそんなシーンが確かあったハズ。

だから今回バッタヤミーにバッグを渡された一般人がお礼を言ってたのは
やけに覚えてるんだよね。対照的というか。



戦闘シーンではギガスキャンの不発が・・・。
ていうかコンボじゃなくても使えるんだね、タジャスピナー。
クジャクはデザインも性能も良いって、優秀だねぇ。
タカジャバ超カッケー。

立ちふさがる親子の姿は「正義とは何か」っていうのを
強く考えさせられるシーンだなぁ。

それに対する答えは後編である次回でハッキリするんだろうなぁ。
物語り全体の中でも重要な話になるだろうねぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KON

Author:KON
スパロボと仮面ライダーが大好きなヌルゲーマー。
社会人一年目にして絶滅タイム。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。